捻挫の後遺症

捻挫の後遺症とは? 一般病理学によると 後遺症とは「急性期症状が治癒した後も、機能障害などの症状が残ること」とあります。 捻挫治癒後、可動範囲の狭窄、違和感、チクッとした痛み、シクシクした痛み、ズーンとした張ったような痛み、ある方向に曲げた時だけ出る痛みなどがある場合、捻挫の後遺症の可能性があります。 PST Centreでは それらの症状による緊張を取ったり、骨位置の修正などをすることによって可動範囲の狭窄、違和感、痛み等の捻挫後遺症の短期回復を実現しております。

Continue reading

事故後遺症

事故後遺症とは? 一般病理学によると 一般的には交通事故の怪我を治療後、まだ痛みや違和感が残り、身体の四肢等が以前の様に動かないことを言います。 交通事故のうち、約90%がむち打ちになると言われます。 他にも頭痛やめまい等、事故後、様々な原因不明の痛みや痺れ違和感が出ることがあります。 PST Centreでは 事故後遺症によるそれぞれの症状に合わせて施術をしていきます。 約90%がムチウチであるように、頚椎部分にズレや異常な緊張が起こっている事が多いです。 もちろん四肢に症状が出ることも多々ありますので、それらの緊張を取り、ズレをやさしく元に戻すことでしびれや違和感が劇的に改善しています。

Continue reading