首から左腕にかけての痛み

無痛ゆらしに不安や疑問を持たれるお客さまへのご参考に! お客さまからの手紙 無痛ゆらし(PST)を受けた方から、大変参考になるメールを頂きましたので掲載させて頂きます。以前にご自身のブログに書いていらしたウワンさんと同じような御感想だったので、はじめて無痛ゆらし整体をお受けになる方、もしくは現在受けていらっしゃる方への貴重な体験談です。 人間の良い記憶への塗り替えは1回ではなかなか困難です。また最初受けに来られる方は、痛みにより緊張が強いので、最初の回で劇的な変化を感じられる事ができない方もいらっしゃいます。また院長は(正直に申し上げると)このあたりの説明が下手です(!) このお客様のご意見どうぞご参考になさってください。 ************************************* リン先生 すっかり楽になりました。どうもありがとうございました。 体験談送らせて頂きますね。 「5年程前から年に2~3回の割合で首から左腕にかけての痛みが出てました。 タイに住んで1年3ヶ月痛みが出なかったので治ったのかと思ってましたが 引越しで重い荷物を持ったのがきっかけで一気に再発しました。 1年3ヶ月蓄積されてたのが一気に爆発したかのように 過去の痛みよりずっと大きくなり座っている時など 腕の置き所がないくらいジンジンと腕が痛み、 毎日のようにタイマッサージに行ったり鍼灸に行ったりしましたが 改善せず過去にはなかった腕の痺れまで出てきました。 そんな時インターネットで見つけたのが無痛ゆらし整体でした。 自分に合うか合わないかはやってみないとわからない、そう思い早速予約を 入れ治療に伺いました。 施術をして頂いたリン先生は日本語堪能な中華系タイ人の穏やかな先生でした。 1回目終わった時の感想は正直あまり印象の良いものではありませんでした。 体を軽く揺らしながら指圧して行く、指圧と言うよりただ体に先生の手を乗せてるだけのような感触。 こんな緩くて頼りない施術、30分ほどの施術で値段はよく行ってたタイマッサージの約4倍、 しかしこう言った治療はなんでも1回で止めてしまってはいけないのはよく分かっているので、 リン先生の必ず治ります言って頂いた言葉を信じて、少し割引きのある5回分のチケットを購 入しとりあえず5回は続けてみようと思いました。 2回目の施術が終わった時に1回目にはなかった体がふわふわ宙に浮いてるような 不思議な感覚がありました。そして気がつけば以前は頻繁だった痺れやじくじくと痛みの出てくる間隔があきらかに長くなってました。 これは効いてるのかも・・・と思いました。 劇的に変化があったのが3回目の施術後でした。 長時間座ってても全くではないが腕の痛みが軽減されている。 痺れも軽減してきている。そんな感じでした。 そして4回目の施術後はあれだけ痛かった首から腕にかけての痛みが 完全になくなってました。 寝る前に毎晩貼ってた湿布ももう貼らなくてもよくなってました。 完全に治った感じでしたがもう1回分チケットが残ってたので 最後の施術をして頂き今すっかりよくなりました。 半信半疑で伺ったのですがこんなに楽になって本当感謝しております。 そして、自分でも今後気をつけなければと思い先生のアドバイス通り なるべく長時間同じ姿勢でいないように心がけてます。」 バンコク在住 48歳 こうじ

Continue reading

肩こり

肩こりとは? 一般病理学によると 言わずと知れた肩の張り、凝り、痛み。 一説には日本人の80%以上が肩こりを経験しており、まさに国民病とも言える症状のひとつです。 肩こりは悪化すると頭痛やめまい、吐き気を催すなど、大きなトラブルの原因にもなりかねません。 加えていつも肩が張っているあの嫌な感じ。 心にかかる無意識の負担(ストレス)も相当あると考えた方が良いでしょう。 肩こりになる原因としては、長時間同じ姿勢でいることや、仕事で決まったことを毎日やり続けなければいけなかったり、スポーツなどで肩をすくめる状態が癖になっていたりすることで肩の筋肉に常に負荷がかかり、緊張状態になる事が考えられます。 PST Centreでは 長時間同じ姿勢で筋肉の緊張状態を維持していた為に、その状態を体が覚えてしまって、休んでいる時も緊張が抜けなくなってしまいます。 柔らかい施術で自律神経からリラックスさせることで、筋肉の緊張状態を体が手放し、筋緊張の解消と共に疲れが溜まりにくい体になっていきます。

Continue reading

顎関節症

顎関節症とは? 一般病理学によると 口の開け閉めや話をする時などにガクガクと音がしたり、痛みやあごの可動域が制限される場合のこととされています。 原因としては歯並びなどのかみ合わせの悪さや噛むことによる筋肉の緊張、ストレス等の心因性、外傷によるもの等があります。 治療法は、鎮痛剤や筋弛緩剤、金属や機械を入れる矯正、カウンセリング等があります。 PST Centreでは 顎関節症は習慣的なあごの使い方や姿勢、外傷などによる筋肉の異常緊張によって起こると考えています。 緊張をとり、あごの動きの修正をすることで痛みを解消し、あごの動きを本来の自然な形に戻すことが出来ます。

Continue reading

頭痛

頭痛とは? 一般病理学によると 誰もが経験する辛い頭の痛み。 おそらく頭痛を経験したことがない人はいないでしょう。 頭痛に襲われたとき、まず必要なのは、脳腫瘍や怪我による血管破裂などの深刻な問題により頭痛を起こす場合を考えることです。 急激な頭痛や吐き気を伴うもの、めまいを伴う場合には、必ず病院で精密検査を受けましょう。 それ以外の場合、慢性的な頭痛、偏頭痛、疲労時の頭痛、何年も継続的(または断続的)に頭痛がある等、病院で明確な原因が見つからない場合は、頚椎の歪みやねじれ、首周りの筋肉の異常な緊張が頭痛に関係しています。 PST Centreでは 明確な原因が見つからず薬でごまかしているとか、頚椎が悪いことは分かっているけれどどうすれば良くなるかが分からない、といった多くの方の痛みを解消してきました。 そういった方の頭痛の多くは、頚椎の歪みや首・肩の筋肉の異常緊張によるものでした。 首や肩の筋肉が異常に緊張すると、その部分で血流が悪くなります。 首や肩は頭部に繋がる通路でもあるので、その部分で血流障害が起こると頭に行く血液量が不足し、酸欠と貧血の状態が起こります。 酸欠と貧血を知らせる警報として結果的に頭痛が起こるわけです。 頚椎の歪みやねじれ、筋肉の異常緊張を解消することで多くの問題は解決されます。 “論より証拠”どこに行っても良くならないとお悩みなら、お問い合わせください。

Continue reading