捻挫の後遺症

捻挫の後遺症とは?

一般病理学によると

後遺症とは「急性期症状が治癒した後も、機能障害などの症状が残ること」とあります。

捻挫治癒後、可動範囲の狭窄、違和感、チクッとした痛み、シクシクした痛み、ズーンとした張ったような痛み、ある方向に曲げた時だけ出る痛みなどがある場合、捻挫の後遺症の可能性があります。

PST Centreでは

それらの症状による緊張を取ったり、骨位置の修正などをすることによって可動範囲の狭窄、違和感、痛み等の捻挫後遺症の短期回復を実現しております。

施術のご予約・お問い合わせはこちら

タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。