五十肩

五十肩 (Frozen Shoulder)

泰国 ピヨッ ピヨッ

 

泰国 ピヨッ ピヨッ 2012年07月11

無痛ゆらし

うわんです。

右の肩の動きが悪い。
着替えたり、シャワーを浴びようとすると、肩が痛むのである。
右の肩だから、何気に動かしてしまい、ズキッとなるのである。
寝ていても、何かの拍子に「ズキッ」と痛み、目が覚めてしまうようになってしまった。

周りの人は「50肩」だと言う。本人もそう思うのである。
でも、「50肩」であろうが何だろうが、痛いものはイタイのである。

近所のタイ・マッサージへ行く。
オバチャンが肩のスジをまさぐりながら「ここにクリクリの固まりがある」とか言って、グリグリ揉んでくれる。
かなり強烈に痛い。オバチャンに言わせると、「痛くないと直らない」そうである。
揉んで貰った当日は、痛くてしょうが無いが、次の日は、かなり軽くなったような気がするのである。
で、2~3日すると、少しづつまた痛んでくる。そんな繰り返しである。
マッサージ1回2時間350バーツ。
その店の「上手」だと言われているオバチャンを予約指名して、揉んでもらうのである。

日本人の整体施術師がやっている「カイロプラクティク」にも通った事がある。
初診の時に、半ケツになり、背中の凸凹を等高線のような模様にし、「歪んでます」とか言われるのである。
最初の数分と最後の数分を日本人が施術し、残りの殆どは、電動マッサージ機とタイ人のスタッフが施術する方式である。
何回か通ったが、「良くなった」と言う感想を持たなかったので、いつの間にか足が遠ざかってしまった。
そして、また痛くなり、結局、力自慢で経験豊富に見える「オバチャン」に頼っていた。

ところが、最近、近所に「無痛ゆらし療法」なる整体屋が出来たと家内が教えてくれた。
スクムヴィットソイ24のホワイトマンションの隣の1軒家である。

入口の看板

数週間、迷っていたが、意を決して行って見た。
初日、症状を説明し、施術の台に仰向けに横たわる。
肩の周辺を「この辺、イタイですか?」と言いながら、軽く触って来る。
痛む方の腕を軽く持ち上げながら、肩の周辺を「触るように」「撫でるように」している。
手首を持ちあげ「力を抜いて」等と言われるが、いつ「ズキッ」来るか怖いので、なかなか力を抜く事が出来ない。
少し力を抜くと、ブラブラと揺すりながら、肩の周辺を「撫でるように」押している。

今まで、タイマッサージの「力技」で直そうとしていたのだから、「撫でるような」マッサージでは、何とも「頼りない」気がする。
仰向けになり、うつ伏せになりをしながら、約30分程。
「今日はこんな所で・・・」と言う施術師の声で、終了。

「無痛」と謳っているだけあって、全く「痛み」の無いマッサージである。
しかし、心の中では「こんなんで、治るのか!」と叫びたくなるほど、今までの「治療法」と違うのである。
1回だけでは、治るのか、治らないのかの判断は出来ない。
痛みが軽くなった気がしないではない。
次回の予約をして、施術代1200バーツを払う。
タイマッサージの力任せのグリグリなら、2時間350バーツである。
それなのに、サワサワと「撫でる」ように30分触っただけで、「1×倍の値段」を取るのか!何て思ってしまった。

 

施術してくれる「林先生」(顔出しOKのお許しを頂きました)

ところが、である。
2回目の施術をして貰って、アラ不思議、数ヶ月も苦しんでいた右肩が、痛み無く動くのである。
まだ、何となく鈍い痛みのような「違和感」が残っているが、「痛み」と言うほどではない。
後ろの尻のポケットに入れている財布を取るのに、苦労していたが、3回目の施術で、腕が背中に回るようになった。

マッサージなんて言う物は、グリッグリッと押されて、「イタタタッ!!」となり、「痛い所=悪い所」みたいな説明を受け、歯を食いしばって「いたきもちイイ」のが、マッサージだと信じ込んでいた。

人間の体とは、不思議な物である。
むやみに触っているのでは無いにしても、自分の体に起きる変化には「驚き」である。

次からは、長い付き合いの「腰痛」を診てもらおうと思っている。
長年、私の巨体を支えてきた、哀れな腰である。
痛んでいるのに、タイ・マッサージのオバチャンに踏まれ、カイロプラクティクの電動機に揺さぶられながら“けなげ”に私を支えてくれているのである。
サワサワで、スーッとする快感をご褒美に体験させようと思って、5回分の「回数券」を買いました。

ランキングに参加しています。
私とあなたの幸せを願って「ポチッ」と下のバナーを押してください。

この「無痛ゆらし」は、私には「効いた」ようである。
今まで「この揉まれる痛みを我慢すれば、治るのだ!」と言う「覚悟」で、マッサージを受けていたのだ。
治す為の「痛み」があるからこそ、治していると言う実感があったのかもしれない。
それなのに、サワサワと触れるだけでOKと言われても、インチキ祈祷師の「おまじない」のようで「気持ち」的にはスッキリしないではないか。

でも、インチキ「祈祷師」でない証拠に、今、私の肩は「快適」である。

施術のご予約・お問い合わせはこちら

タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。