二分膝蓋骨(分裂膝蓋骨)

二分膝蓋骨(分裂膝蓋骨)とは?

一般病理学によると

二分膝蓋骨(分裂膝蓋骨)とは、先天的に膝のお皿(膝蓋骨)が、2つ以上に分裂してしまっている状態をいいます。

ほとんどの場合は、痛みを伴うことなく日常生活を送れ、とくに治療の必要はありません。
しかし、過度のスポーツトレーニングや打撲などがきっかけで、膝蓋骨の上部に痛みが現れることがあります。

走ったりジャンプしたりすると膝蓋骨周辺に強い痛みが生じ、スポーツ活動が思うようにできなくなってしまったり、酷い場合には、歩行時や階段昇降時に痛みを伴なったり、膝に水が溜まってしまい、日常生活にも支障をきたします。
基本的な治療方法としては、スポーツ活動を中止し安静にしながら、太もものストレッチや筋力強化がおこなわれています。

再発を繰り返してしまい、疼痛がひどくスポーツが続けられない場合には、手術が行われています。

術式としては、骨片摘出術(分裂骨片を摘出する方法)と骨接合術(分裂した骨をつなぐ方法)などがあります。

PST Centreでは

膝蓋骨が分裂していることと、痛みには、因果関係がないと考えます。

なぜなら、先天的に膝蓋骨が分裂していることが痛みの原因であるなら、小さいときからずっと痛みがあってもおかしくありません。

そうでないならば、他に原因があるはずなのです。
例えば、過度にスポーツをやり過ぎてしまったり、打撲などによって、膝周辺の筋肉に異常な緊張が生まれます。

その為、膝を可動させた時に収縮する筋肉の付着部周辺が、過度に引っ張られてしまい、その結果痛みがでるわけです。
具体的な対応策としては、異常に緊張している筋肉をゆるめる、だけで素早く痛みの回復に導くことができます。

筋肉の緊張をゆるめることにより、筋肉の付着部分周辺のストレスがなくなり、例え膝蓋骨が分裂していたとしても、膝を可動させる、負荷を加える、という動作で痛みがない状態になります。

また、再発性のない状態まで回復させる事も可能です。

施術のご予約・お問い合わせはこちら

タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。